どろあわわ|正しい洗顔方法のコツ!知らなきゃ汚肌!効果アリの使い方って?

加齢からくるお肌のトラブルに悩んでいる人を始め、若い女性からも支持される泥石鹸、どろあわわ

毛穴の黒ずみ・汚れだけでなく角栓、イチゴ鼻といった悩みにアプローチできると話題ですね。

ですが、そんなどろあわわも正しい洗顔方法を知らないと逆に肌荒れなどのトラブルが発生してしまう可能性も低くないってしってましたか?

美肌を目指してどろあわわを使ってみる。

そんな人が汚肌になってしまわないよう、この記事ではどろあわわの効果的な使い方などをご紹介していきます。

理想のお肌を手に入れたい人はお見逃しなく!

どろあわわの正しい洗顔方法って?

どろあわわには専用の泡立てネットがついてきます。

どろあわわで洗顔する際にはこの泡立てネットでモッチリ濃密な泡を作る必要があるんですね。

というのも、洗顔する際(男性は特に)洗顔料を直接手に取ってそのままゴシゴシと洗顔してしまう人がいます。

そもそもこれが1番の間違いだったりするんですが、時間が無い場合など泣く泣くそうしている人もいます。

ですが、どろあわわは専用泡立てネットを使う事で簡単に濃密な泡が作れるので試してみて下さい。

お肌を直接手で洗顔してしまうと、どうしても肌表面に傷をつけてしまいます。

お肌にキズが付いてしまうと乾燥の原因になり、炎症やニキビといった嬉しくないトラブルに見舞われる可能性が非常に高いんですね。

なので、専用泡立てネットで濃密な泡を作って「泡で洗顔する」ってイメージで優しく洗ってあげましょう!

それだけでもお肌の調子は大分良くなるハズですよ♪

お肌を汚肌にしてしまう洗顔方法

どろあわわに限った話ではありませんが、こういったスキンケアなどを新しく始める際は誰でも「美肌意識が高まります」

そういう時によけな事をしてしまって「逆にお肌を傷付けたりする事」って珍しくないんですね。

簡単に言うと

  • 洗顔に力が入ってしまう・ゴシゴシ擦ってしまう
  • 洗顔回数を無駄に増やしてしまう
  • 洗顔料を使う量が多くなりがち

なんてことをしてしまっている場合があるんです。

当然、洗顔自体お肌を傷付けてしまうリスクが高い行為なので回数を増やすのは論外。

また、回数を増やしたことによって本来必要だった油分や潤いを失ってしまう可能性もあります。

お肌は乾燥に非常に弱いので、お肌をいたわるって意味でも洗顔回数は朝・晩の2回でとどめておきましょう!

 

効果を最大限に引き出す使用方法

これに関しては実践している女性が多いのではないでしょうか。

夜洗顔する場合はあまり気にしない場合が多いのですが(お風呂に入るため)、それ以外の洗顔前に一手間加えて見ましょう!

家にある清潔なタオルを用意し、電子レンジで蒸しタオルを作ります。

作った蒸しタオルで顔全体を温めてからどろあわわで洗顔する事によって汚れを落とす効率が良くなったりするんですね。

というのも、洗顔で落としたいのはお肌表面の汚れだけではなく、毛穴に詰まった汚れ・余分な皮脂だったりしますよね。

蒸しタオルでお顔を温める事によって毛穴が緩んだ状態になり、どろあわわの濃密な泡が毛穴に入り込みやすくなるんです。

そうする事で効果的に汚れをかき出す事が出来ます。

まとめ

この記事ではどろあわわを使った正しい洗顔方法などについてご紹介してきました。

実際、どろあわわは美肌を目指す上で私たちの心強い味方になってくれますが、自分で気を付けられる部分を知る事でその効果は何倍も期待出来たりするんですね。

実際に理想の綺麗なお肌を手に入れようと思ったら食生活や睡眠など改善できるポイントは結構多かったりもします。

これを機に洗顔に任せっ切りだったケアを少しだけ見直してみてはいかがでしょうか?

 

●関連記事●

どろあわわ|間違った使い方は逆に汚肌確定!効果的な使い方のコツとは